pick up !
    冨樫義博 全作品特集(仮)⇒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スピリッツ」連載「THE3名様」が実写DVD化
(;´Д`) <えー

あのユルユルを映像でみても、ねぇ?

ギャグでちょっと見てみようかな・・・

「人間の脳の持つ全情報をPCにダウンロードすることが可能」と予測
(;´Д`) <これ考えたのエースコンバット3のサイモン本人かね

>2050年には人の意識をコンピューターにダウンロードすることができるだろう。

すげっ!すげぇよ!

リアルワードとワイヤードの境界が無くなるのかもしれないね!

まぁ、なんか宗教的な問題で実際には不可能だろうけどね(´Д`)y-~~

TVアニメ『おくさまは女子高生』、テレ朝での放映予定が色々な事件の影響でダメになりローカル局送りにこぼれ話
(;´Д`) <地上波で流すつもりだったのね・・・

アニメ制作会社はかなりの痛手ですな

・・・ん?痛手なのかな?

「ネガティブキャンペーン3」で首都圏電車に“水着姿岬ちゃん”の中吊り広告こぼれ話
(;´Д`) <こんなの電車の中で見たら吹いてしまうじゃないか!

ちょっと視姦してきますね

「NHKにようこそ!」3巻発売記念!とらのあな特製しおりプレゼント!
(´Д`) <買うときは虎の穴にしようかなぁ

つーか5種類もあるのかよ(;´Д`)

該当作品が3種類しかないので、全部そろえるの大変だな

春の書店くじ当選番号
(;´Д`) <なにこれ?

引き換え期間は平成17年5月23日~6月30日 まで。

該当者はお早めに

本屋のニガテなお客さん
(;´Д`) <わかりますわかります!

バイト仲間にはお金をトレイに乗せないと、とたんに機嫌が悪くなる人がいるので色々と困ります

あ、あと本の発注中に、お客さんが来るとぶちぎれるバイト仲間もいます(笑

週刊文集「マスターキートン」が絶版になった理由の内容
(´ー`) <読みましたよ、ながながとかかれてました

406 :番組の途中ですが名無しです :2005/05/20(金) 11:48:01 ID:BEerFTmQ0
全部 記事読んだよ。うろ覚えだけど・・

・原作者の「葛飾北星」は「菅 伸吉」とかいうひと(漢字が違ってたらスマソ)
・昨年、がんで死んだ
・別のペンネームに「ラデック・鯨井」(「SEED」原作)
・もともと 話のネタは持ってくるが、最後までストーリーを纏められないひと
・で、苦労して浦沢と 担当編集の「長崎尚志」が2人で完成させていた
・途中くらいから 葛飾はもう原作をやってなかった
・にもかかわらず、原作者として名前を連ね、印税も受け取っていた
・いいかげん、うんざりしてきて 相談した
・印税は仕方ないとしても、原作者のクレジットからは外すか、小さく表記するよう合意
・ところが、葛飾の友人の大物、雁屋哲(美味しんぼの原作者)が怒鳴り込んできて、泣き寝入り
・さすがに嫌になり、限界を感じ、連載終了を浦沢が申し出た
・長崎もその後 担当替えで離れたており、最終巻の話は浦沢が自分で考えた
・実質的な原作者であるにも関わらず、原作料を貰えなかった長崎に配慮し、利益を分配。これがその後の税金問題に
・再版を現在 停止中。浦沢はいつの日かまた売れるようにと希望




浦沢直樹本人の返答なので信憑性が高いですが、実際のところ色々噂が出回ってますね

たとえば

「マスターキートン」の原作は「勝鹿北星」になっているが
実は浦沢は勝鹿の原作をほとんど使わず、自分で描いていたらしい。
(ネタだけ使っていたということ)
勝鹿は「話を使ってもらえないのに原作としてクレジットされ
金をもらっている」ことに悩み、同じく原作者の雁屋哲に相談した。
それを聞いた雁屋はあるパーティで浦沢を問い詰めたという。


とか


(;´Д`) <ぁぅぁぅぁ~

ハリーアップ給料日!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。