pick up !
    冨樫義博 全作品特集(仮)⇒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. NHK-FMオーディオドラマ『夕凪の街 桜の国』

    【放送日】
    2006年8月5日(土曜日)22:00-22:50

    原作:こうの史代
    脚色:原田裕文
    音楽:長生淳
    演出:真銅健嗣
    技術:糸林薫
    効果:佐藤あい

    出演:夏八木勲 鈴木佳由 斉藤とも子 阿南健治
    小林トシ江 矢沢心 大和田悠太 茶花健太
    三村ゆうな 伊藤ゆきえ 大林佳奈子 木崎優一

    あらすじ:広島で被爆したある一家の60年、三世代に及ぶ物語。
    平成16年度の文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞作で、「マンガ史の宝石」とまでいわれる傑作のドラマ化。
    原爆がいかに人々に多くの悲しみと苦悩を長い年月をかけて与え続けてきたか、そして今も決して消えることがないことを、静かにジワッと伝えていく。
(tamyレポートより)

映画のほうも無事クランクインしたみたいです

「こうの史代」といえば19日に発売した「わしズム」『古い女』という短編マンガが載っています
「小林よしのり」が夕凪を絶賛していることからスカウトされたんでしょうか

Amazon
わしズム〈夏季 Vol.15〉
小林 よしのり
幻冬舎 (2005/07)
売り上げランキング: 3,639
おすすめ度の平均: 4.75
4 医者のエッセイが×
5 いやあ
5 池田大佐の奮闘に、泣かない人など皆無でしょう。

  1. 「日本を代表するメディア芸術作品である」と思うものを10点まで挙げてください(必須項目)。
    下記にある作品リストは一例です。リストに投票したい作品がない場合は、「その他」欄に3つまでご記入いただけます。
    ※「その他」欄はリストの最後にあります。
(文化庁メディア芸術祭10周年企画より)

こう見ると60年代は白にとって内容の濃いマンガがとても充実していると感じました
しかし今の人で『オバケのQ太郎』を読んだことある人何人くらいいるんだろう

2000年代、『黒田 硫黄』のノミネート作品が『セクシーボイス アンド ロボ』に笑った
『黄色い本』がランクインしてるのに好感触
『冨樫 義博』が富樫と書かれているがもうなれた(笑

皆さんぜひ投票してみましょう!


  1. [1409]仕事募集 投稿者:たぐろう (2006年07月22日 (土) 03時45分) [返信する]

    何匹目のドジョウになるのか知らないが。
    まだいるのかもかなり微妙だが。

    萌えキャラ漫画で一発当てたい。
    ペンネーム変えてでも描きたい。
    描かせてくれる雑誌ないですかっ。

    ない場合、持ち込みに回ります。中年新人が。

全米が泣いた


このサイトでは白が漫画家のHPなどを周り、他のマンガ系サイトで扱っていないニュースを取り上げます
たまに更新しますのでRSSに登録するといいかもしれません

ところで最近思ったのですが、ゴルゴ31さんなど大手サイトに リンク元(ホワイトデータマンション) と付けてもらえるとサイト名が長く目に付きやすいので
「あ、復活したんだ」
とわかってもらえるのではないでしょうか
サイト名長くてよかったなぁと思いました :D

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。