pick up !
    冨樫義博 全作品特集(仮)⇒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らいか・デイズ第3巻
むんこ先生インターネットサイン会のお知らせ


    ご希望者は楽天ブックスでの事前先行予約が必要です。

    『らいか・デイズ』第3巻を予約注文された方 先着200名様には『らいか・デイズ』第3巻に応募券を同封してお送りいたします。
    (略)
    応募者の名前とむんこ先生のサインの入った直筆ミニボードを返送いたします。

    ※先着200名様を超えた場合、さらに先着500名様に複製カードをプレゼントいたします。

    対象 3月10日~3月25日の間にご予約された方

楽天ブックスより

手続きがややこしいですけど、地方の方にはありがたいのではないでしょうか

回線が重くならなければいいですけど…


『ミス・ドラキュラ』の単行本は、かつて奇想天外社から4巻まで出ていたが、そこに収録されたのは全252話中148話までで、未収録が104話もあった。

藤子不二雄ファンはここにいるより)

今回その未収録分が単行本にまとまるそうで

復刊ドットコムってスゴイ!予約はこちらから⇒


マンガの歴史語っております

ところでこの文章がちょっと気になりました

二誌とも初期はマンガ雑誌というより、読み物中心の少年向け総合週刊誌でした。サンデーのマンガのラインナップが、手塚治虫「スリル博士」(探偵モノ)、寺田ヒロオ「スポーツマン金太郎」(野球モノ)、藤子不二雄「海の王子」(SF)とポップなのに比べて、マガジンは...(以下略)

漫棚通信ブログ版より

あれ?マガジン創刊号にも手塚治虫、探偵モノ描いてなかったっけな?と思い創刊号を(実際は創刊号復刻版)紐解いてみると以下画像が

マガジン創刊号の手塚

マンガではありませんが「サンデー」「マガジン」共創刊号に登場するなんてやっぱり手塚治虫は偉大ですね


「今から20年前の週刊少年サンデーはこんな感じ」の記事を読んでて「じゃぁマガジンはどんなのだったっけ」と思い、色々調べてみたら意外な漫画家を発見

少年マガジン 1985年36号

新人漫画賞入選作発表 第3弾『再び…』(三浦建太郎

白はこの雑誌を持っていないので確認できませんが、この時氏は19歳、いったいどんな絵を描くのか気になります…

この時期の新人だと他に1985年下期・手塚賞準入選受賞者の「小畑健」など、現在最も活躍してる方が目に付きますね


「カタリベ」(石川雅之)面白かったです、いいマンガに出会えました

こちらでチョイ読みできます⇒

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「再び…」は、アニメ『ヴァンドレッド』のように、汚染から逃れた人類がいつしか男と女が隔離された社会を築いてて、そこで偶然出会った男女の2人が「再び」新たな世界へ旅立つという近未来SFですね。

ヒロインがお気に入りで切り抜きしたたっけ。
実家へ戻ったときに探してみよう。
2006/03/17(Fri) 13:02 | URL  | 鈴きん #3iJutq6Y[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ミス・ドラキュラミス・ドラキュラは1975年6月11日号より女性セブンに連載されていた藤子不二雄Aの漫画。各話4頁構成。奇想天外社より全4巻が出版されていたが絶版。2006年、ブッキングより復刊が決定し、全7巻を刊行する予定。.wikilis{font-size:10px;color:#666666
2007/02/08(Thu) 05:43:54 |  このマンガが読みたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。