pick up !
    冨樫義博 全作品特集(仮)⇒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 原作:鬼頭莫宏の同人ゲーム!?「家庭教師アドベンチャー2」

「ものみち湖」というPNが「鬼頭莫宏」の別PNといううわさを元に
ググルさんで調べてみたらこんなゲームが

鬼頭莫宏 家庭教師アドベンチャー
で、半信半疑のままゲームをプレイしてみる

モヒーロ!
「鬼頭もひ絵でたーーー!!」
この左の子の目と口の辺りなんてもろ鬼頭!

1989年にNECのPC-9801シリーズ用に創られた同人ソフトらしいですが
当時からキャラ絵があまり変わってないのはすごいな
いや、ほめてるんですよ(;´Д`)

実際「ものみち湖」と「鬼頭莫宏」が同一人物かどうかは「作者のみぞ知る」ですが
まぁこれはほぼ本人で確定でしょうな
フリーソフトですし短いですしやってみる価値あるかも(18禁ですし ぉ)

※公式サイト(配布ページ)⇒緑風百景
※攻略サイト⇒

 貴島煉瓦HPより、ブラフマンvol3発売日告知等

ブラフマンvol3、来月11/3発売。
恒例の大幅加筆修正にアトガキマンガ。
今回の表紙裏マンガも描き下ろし新作、それと本編に追加4P描きました。

今月26日発売の角川書店 少年エース12月号に読みきり作品を描きました。
タイトルは”ギャングスタ リーン”TOP絵二枚目のです。
カラー3Pモノクロ48P、全51p。
もうびっくりするほどの ラブコメです。


TOP画像は11/7発売となってますね

 「コミック・ハイ!」連載、大島永遠「女子高生」アニメ化決定

http://www.corebooks.jp/tuhan/zassi/2005/futaba/4910244091152.jpg

「女子高生」ドラマCD■キャスト■
高橋絵里子:生天目仁美
鈴木由真:浅野真澄
佐藤綾乃:川澄綾子
香田あかり:雪野五月
姫路京子:氷上恭子
小川育恵:石毛佐和
小田桐雄一郎:真殿光昭
下高谷孝則:加瀬康之


 「アキバ署!」1巻、雑誌とコミックとの修正比較

10/21記事より

 「遙かなる時空の中で」がついに映画化――公開は2006年を予定

本日、東京・渋谷にて開催された「シネカノン ラインナップ発表会」において、コーエーから発売されている女性向けゲーム「遙かなる時空の中で」が劇場版として制作中であることが明らかになった。
公開は2006年を予定。


 法政大学学園祭で「能登麻美子トークショー in小金井」開催決定

能登麻美子トークショー in小金井
●日時:11月6日(日) 開場:14:00 開演:15:00
●場所:法政大学小金井キャンパス講堂
トークショウ情報:http://www.geocities.co.jp/k_hosei2005/



ティオきゅんの声が変わってから興味が薄れてきつつある双子姫を見る
1129943799325.jpg
アルテッサ「魚が食べられないならケーキを食べればいいじゃない」

うわー、たわし超ゴーマーン
uwa-.jpg

EDで気になる人物がいたよ
たわし!たわし原じゃないか!
うるし原さんもといたわし原さん!どうしてこんなところに!?
あぁ!
そうか!
アルテッサの髪型がたわしだからか!
(;´Д`) えー

SHARP製のウィルコム向け端末、WS003SHで巷は騒がれてますが
「ざうぽん」やら「シャーぽん」やら「D2」やら「ゼロスリー」やら呼び名がおおすぎてこんがらがります
ここはひとつ「フランソワーズ」に統一してはいかがだろうか
003だし

・・・あ、だめですか

発表された日は「絶対買う!」と思ってましたが
こんなにでかくのを片手で電話する姿は想像つかないし
自分は携帯をしょっちゅう落とすし
何しろ片手でメール打ちが出来ないってのは
やっぱPDAであって携帯ではないなぁ…と急に冷めてしまいました

てなわけで京ぽん2マダー(あとひとつき)

四季賞クロニクルが届きましたヽ(´ー`)ノ
やっぱりでけぇ!保管場所ねぇ!
買ってない人も結構いると思うので中身の漫画レビューと
四季賞クロニクル解説書に乗っていた漫画家の情報を今かいています
お楽しみに

※今日のオススメ
搭乗形二足摺足歩行ロボットがヤフオクに!
おいwwwチョンのHPがハッキングされてるぞw
テラワロス
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 四季賞クロニクルのブックレットの受賞者一覧を眺めていたら面白いことに気がつきました。 四季賞クロニクルには収録されていないけど、いま活動している漫画家さんの中にも四季賞入選経験のある人がけっこういるんですね。 意外な人たちが受賞していたりして面白いです
2005/11/19(Sat) 09:17:46 |  流線型事件
四季賞クロニクル「冬の巻」レビューの後編です。今回はひぐちアーサー(ひぐちアサ)「ゆくところ」からとよ田みのる「ラブロマ」までを紹介します。前編はこちら。
2005/11/19(Sat) 08:40:06 |  流線型事件
今回レビューするのは「冬の巻」です。 収録作は、林田球「ソファーちゃん」、木村央志(木村紺)「神戸在住」、篠房六郎「やさしいこどものつくりかた」、ひぐちアーサー(ひぐちアサ)「ゆくところ」、真鍋昌平「憂鬱滑り台」、漆畑友紀「蟲師」、熊倉隆敏「グラデ」、と
2005/11/19(Sat) 08:35:27 |  流線型事件
四季賞クロニクル「秋の巻」レビューの後編です。後編では、遠藤浩輝「きっとかわいい女の子だから」から真右衛門「ランチのB」までを紹介します。前編はこちら。
2005/11/16(Wed) 09:04:21 |  流線型事件
今回レビューするのは「秋の巻」です。 収録作は、駒井悠「そんな奴ァいねえ!!」、荒巻圭子「GENOMES」、木尾士目「点の領域~支倉圭太の開始点の事~」、木葉功一「JAGUA」、弐瓶勉「BLAME」、遠藤浩輝「きっとかわいい女の子だから」、鬼頭莫宏「ヴァンデミエールの右手
2005/11/15(Tue) 03:13:21 |  流線型事件
四季賞クロニクル「夏の巻」レビューの後編です。後編では黒田硫黄「蚊(他3編)」から阿倍吉俊「雨の降る場所」までを紹介します。前編はこちら
2005/11/11(Fri) 10:13:38 |  流線型事件
 今回レビューするのは「夏の巻」です。 収録作は、菅原雅雪「ホームレンジ」、安田弘之「MOZOO」、松永豊和「きりんぐぱらのいあ」、小原愼司「ぼくはおとうと」、桑原真也「YOKO vs.」、沙村広明「無限の住人」、黒田硫黄「蚊(他3編)」、五十嵐大介「お囃子が聞こえる
2005/11/11(Fri) 10:05:34 |  流線型事件
四季賞クロニクル「春の巻」レビュー。後編では「ウェスタンカーニバル」から「魚」までです。前編はこちら。では続きをどうぞ。
2005/11/09(Wed) 11:08:29 |  流線型事件
 四季賞クロニクルついに読みきりました。現在活躍中の漫画家たちのごく初期の作品が読めるという貴重な体験をしていまいました。まぁ、作品には当たりあり、はずれありなのですが。 今回レビューするのは「春の巻」です。全17本を収録。 収録作は、土田世紀「未成年」、
2005/11/08(Tue) 19:25:19 |  流線型事件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。