pick up !
    冨樫義博 全作品特集(仮)⇒
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「冨樫義博」全作品特集
【続きを読む】
スポンサーサイト

本日届いたので他(通常版)とどう違うのかレビュー

びんちょうタンAmazon限定カバー

まず包装紙にびっくり、なんかの食べ物でもくるんでるのかと思ったヨ

中身は『びんちょうタン 1巻 (1)』 と『びんちょうタン公式手引きの書』の2冊

で、1巻のほうに2種のカバーが入ってました

びんちょうタンAmazon限定カバー

Amazon限定カバーのほう

びんちょうタン通常カバー

通常版カバーのほう

中身は一緒でした、おいしくいただきました

関連記事
Amazon

調べたい漫画家名をクリック↓


 加賀美ふみを(オススメ)
 江川広実
 七瀬真琴
 小林少年
 ▽田中エキス
 ▽伊駒一平
 ▽マイノリティ
 ▽さいこ
 ▽Ken
 ▽スノーベリー

電子書店パピレスにて平和出版作品のサンプルが見れます
【続きを読む】
幽☆遊☆白書 画集
幽☆遊☆白書 画集
posted with amazlet at 05.04.28
冨樫 義博
集英社 (2005/04/27)
売り上げランキング: 298
近日発売 予約可

単行本が通常版派の人にはかなりオススメ!
【続きを読む】
tokuseigengamihontyous.jpg
特製原画見本帳 Ver.2.0
posted with white at 05.03.26
週間少年ジャンプ
週間少年ジャンプ編集部 (2003/03/**)
売り上げランキング: ***
非売品

ジャンプに投稿した者のみ貰える豪華な粗品!?
【続きを読む】
~の別ペンネーム:~のアシスタント:~インタビュー:~の情報:~は昔:~って実は

四季賞受賞作品の集大成

□ 四季賞クロニクルとは
□ 解説書
□ 春の巻
  ┗土田世紀
  ┗高橋ツトム
  ┗入江紀子
  ┗太田垣康男
  ┗須藤真澄
  ┗秋月りす
  ┗中山昌亮
  ┗新井英樹
  ┗ヒロモト森一
  ┗榎本俊二
  ┗王欣太
  ┗入江善和
  ┗ヒラマツ・ミノル
  ┗青木雄二
  ┗田口雅之
  ┗的場健
  ┗小田ひで次

□ 夏の巻
  ┗菅原雅雪
  ┗安田弘之
  ┗松永豊和
  ┗小原慎司
  ┗桑原真也
  ┗沙村広明
  ┗黒田硫黄
  ┗五十嵐大介
  ┗吉開寛二
  ┗芦奈野ひとし
  ┗安倍吉俊

□ 秋の巻
  ┗駒井悠
  ┗荒巻圭子
  ┗木尾士目
  ┗木葉功一
  ┗弐瓶勉
  ┗遠藤浩輝
  ┗鬼頭莫宏
  ┗浅田寅ヲ
  ┗若菜将平
  ┗真右衛門

□ 冬の巻
  ┗林田球
  ┗木村紺
  ┗篠房六郎
  ┗ひぐちアサ
  ┗真鍋昌平
  ┗漆原友紀
  ┗熊倉隆敏
  ┗とよ田みのる

□ 最後に



≪正式名称≫
 『アフタヌーン 四季賞CHRONICLE 1987-2000』

≪内容≫
 アフタヌーンの1987~2000年までの四季賞受賞作品を
 現在活躍中の作家に絞って収録したコミック
 エンボス加工の豪華な箱に
 細長い解説書と文庫本サイズのコミックが4つ入っている

≪詳細≫
 講談社より6300円(税込)で発売された
 ハガキ・インターネット・電話のみの予約限定商品
 (本屋では書泉ブックタワーのみで注文を受け付けていた)
 商品の奥付を見る限りでは
 2005年9月30日に第1版(初版)が発行された

≪備考≫
 その形状・価格・収録方法/内容より
 ネット上では不満の声をあげる購入者が多数
 だがオークションなどでは高価格で取引されているため
 需要は結構あるようだ
 まさにコレクター専用アイテムといっていいだろう


≪目次≫
 001 アフタヌーン四季賞とは?
 002-022 ”苦渋の欠番”インタビュウ - 1:松本大洋(030918収録)
 023 選考委員特別寄稿 - 春:うえやまとち
 024-047 四季賞CHRONICLE 収録作家による FAX interview
 048-049 選考委員特別寄稿 - 夏:谷口ジロー
 050-052 ”苦渋の欠番”インタビュウ - 2:王欣太(KING GONTA)(03年の書面インタビュー)
 053 選考委員特別寄稿 - 秋:池上遼一(しんにょうの点が二つ)
 054-064 ”苦渋の欠番”インタビュウ - 3:冬目景(030910収録)
 065 選考委員特別寄稿 - 冬:かわぐちかいじ
 066-067 アフタヌーン四季賞受賞者一覧(1987~1990)
 068-069 アフタヌーン四季賞受賞者一覧(1991~1994)
 070-071 アフタヌーン四季賞受賞者一覧(1995~1998)
 072 アフタヌーン四季賞受賞者一覧(1999~2000)

個人的にはこの解説書『Explanation book』
四季賞クロニクルのなかで一番資料価値があるかと思えた
このために6300円出したといってもいい

というのも『アフタヌーン四季賞受賞者一覧』に
【四季賞大賞】【四季賞】はもちろん
【審査員特別賞】【準入選】【佳作】全ての
作品名+漫画家のフルネーム+都道府県
が一覧でき
雑誌に掲載されたものは掲載号も書かれてあるからである
これを見ればどのバックナンバーが欲しいか
一目瞭然である
(アフタヌーンはバックナンバーの在庫数が少ないですが…)

今活躍の漫画家の名前などを見つけて
「四季賞出してたんだ~」
と浸るのもいいかもしれない

また計48人にもよるインタビューがまとめられている
(うち「松本大洋」「王欣太」「冬目景」の3名はロングインタビュー)
ふだんインタビューに答えない漫画家もいるので
漫画家情報マニアにはたまらないのでは

 インタビューの質問内容

 1.漫画家になりたいと意識したのはいつぐらいからですか?
   何かきっかけがあれば教えてください。
 2.四季賞にはなぜ応募してみようと思ったんですか?
   当時のアフタヌーンのイメージを簡単に言うと?
 3.漫画を描き始めてから四季賞入賞まではどれぐらいかかりましたか?
   ほかの賞に応募してみたりは?
 4.入賞時は何歳でしたか?当時、生活費はどうしていましたか?
 5.ちなみに住んでいた部屋の間取りを教えてください
   (イラストがあればなお)。
 6.生活のなかで、漫画が占めていた割合はどれぐらいでしたか?
   今と比べて増えましたか?減りましたか?
   (具体的にでもいいですし、抽象的にでもかまいません)。
 7.当時、ごちそうといえば何を思い浮かべましたか?
   また当時の食事でよく食べていたモノは?
 8.当時、いちばん欲しかった物は何でしたか?
 9.入賞すると編集部から連絡があります。
   そのときの会話で何か印象に残っていることがあれば教えてください。
10.編集者と会ったときの第一印象は?どんな話をしましたか?
   また、「編集者」は何をする人だと思っていましたか?
11.入賞の賞金は何に使いましたか?
12.当時の編集者との話の中で、今日でも役に立っていることがあれば教えてください。
   また、入賞前からでも漫画を描くうえで心掛けていることがあれば教えてください。
13.掲載決定の知らせを受けたときや、実際に誌面で自分の作品が初めて載ったときの感想を教えてください。
   また、友人などの周りの反応は何かありましたか?
14.当時、漫画を描き続けるうえで励みになっていたことは何でしょう?
15.「漫画家になったなぁ」と実感したのはいつですか?
16.今回、掲載に当たって当時の原稿をご覧になったと思いますが、何かあれば一言。



 名前






タイトル  
入賞時
掲載紙
単行本化
内容
インタビューの回答







タイトル  
入賞時
掲載紙
単行本化
内容
インタビューの回答















この記事を書くにあたって参考させていただきましたサイトをご紹介します
□ マイナスドライバさん
 更新頻度が高く一つ一つの記事がとても詳しく書かれているサイト様です
 四季賞クロニクル 届くを特に参考とさせていただきました
□ 流線型事件さん
 アフタヌーンクロニクルの全漫画の感想を詳しく書かれています

□ 【春夏】 四季賞 総合スレ 1 【秋冬】
 2chの四季賞に関するスレッドです

□ アフタヌーン公式HP
 特にアフタヌーン販売詳細ページ(現在は締め切られています)などを参考
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。